トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

ぱったり倒れ屋さん

ぱったり倒れ屋さん
最近いまさらながら、チェブラーシカが私の中で大人気です!
今日は思わずチェブ柄の弁当箱を購入。弁当作れる環境でもないくせに、弁当を作り続けると心に決めた。一種の逃避行動なのか…?


久々にミシンに手をかけます。すごい緊張感。弁当作り共々がんばりまっす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

毎月29日は…

毎月29日は…
肉の日。ではなく『ふくの会』が正解です。
(注:ふくの会とは、主にローパワーズを中心とした、イケメン俳優;福山しゅんろうをもてはやす会である。)


と言うわけで、今回も総勢9名のいい年したお兄ちゃんお姉ちゃんが堺筋本町のおされなカフェバー(ダイニングキッチン27)で騒ぐ騒ぐ…。しかも確実に下ネタを絶叫しておったと記憶しております(特にしゅんろうさん)…お店の人、ホントすいもはん。

今回のテーマは、『自分の性癖を考える』でした。そりゃ、濃いよ!!
ちなみに私はこないだは見た『セクレタリー』をして、「なんてステキな恋愛映画!!」と思ってしまう派です。そこらへんから色々割り出せると思います(笑)。


そんなこんなで暴れ回って夜も更けて、終電寝こけて乗り越して、色仕掛けでタクシー1000円にしてもらって帰りました。女は得だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

LIFE WITH HOPE

普通に生活しているだけなのに、毎日心身共に疲れ果てている…。今日なんか何の理由もなく寝坊して遅刻しちったし、午前中はすこぶる調子が悪かったので、一言も会話をした記憶がない。しかもすこぶる腰が痛い。重症である。


痛みと疲れは体の悲鳴なので、ちゃんと聞き届けてあげなければならない。しばらくバイトのシフトに斜線を入れるつもりです。ひーこら。

TSUTAYAが半額だったので、『悪魔とダニエル・ジョンストン』『セクレタリー』を借りてみた。桂さんおすすめの『アンダーグラウンド』はまた今度。

さぁ、バリバリ情報を入れて、脳味噌を喜ばせてあげねばね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

ハレの日、落語を見に。

浴衣を着ているのだ。
何故かというと焼酎亭一門会(落語)を見に行くからである。さらに言うと、落語の前に桂さんとお蕎麦屋デートするからである。るん。

桂さんとは、ローパワーズでお世話になった役者兼作家兼演出家兼元座長の愉快なお兄さんである。何故かいつも怒ってるか凹んでるかしていて、なかなか目が離せない、現在赤丸急上昇のヨダのお気に入りなのである。残念ながら所帯持ちですがね。ひひ〜ん。

まぁ、そんなこんなで浴衣着て、信州長野直伝の美味しいお蕎麦を食べて、一杯ひっかけて、寄席見に行って、落語見て(今日はしゅんろーさんのデビュー戦)、幕間にまたビール飲んで、落語見て、雑談して、打ち上げ行って、雑談して、またビール飲んで、帰って寝た。至福。

月に一度の焼酎亭の寄席が、私にとってはハレの日になりつつあります。これは私が芝居の公演を打つにあたっていつも目指していたことで、図らずも焼酎亭がそれを実現しつつあることに軽い期待と興奮を覚えてはいるのです。

次の寄席は9月22日。今から楽しみにしておるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

乙女30、釣り糸垂れる

盟友チャーハン・ラモ-ンが無事退院したそうです。良かったよかった。

さて、24時間テレビの欽ちゃんにババ泣きしつつ、比較的たんたんと人生を送っております..。昨日は垂水迄釣りに行ってきました。早朝5時から12時まで、もくもくと釣り糸をたらす。エサになるゴカイや青イソメが果敢にも噛み付いてくるのがなんともいじましいのですが、君はエサになるためにここにいるのですから仕方がないのですよと言い聞かせ、針でハテナの形にぶっ刺し海へ投げる。ああ弱肉強食、諸行無常。こうやって生命の食物連鎖を学んでいくわけですね。獲物の鯛や平目は炎天下の中、持って帰る頃には持ち上げるだけで頭が取れてしまう程の傷みよう・・・。自然の力は恐ろしい。無駄な殺生をしてしまいました、海よりも深く反省。

というわけで、夏も終わりつつ、次の展開に向けてそろそろ腰を上げねばなりません。9月に私の古くからの友人・近藤ヒデシ率いるユニット、コンプリート爆弾が活動を再開するそうで、お祝いがてら衣裳を担当することになりました。半年以上ぶりにメインで衣裳担当です。ヒデシとは約10年来の付き合いになりますか、いまだに私の中では19歳の青年のままなのですが、そんな彼も昨日で29歳とのこと。もういい加減大人になったであろう彼がどんな物語を紡ぎだすのか、楽しみでならない。稽古は明後日から。公演情報分かり次第掲載しておきます。ぜひ見に来てくだしゃんせ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

ペコリのお兄さん~その2~

さすがにガッツリ目が合ってしまい、言い逃れもできない状況・・・お兄さんは必殺ペコリを繰り出しながら、初めて口をひらいた。

「お仕事ですか?」「はい。・・・よくお会いしますね。」「家、すぐそこなんです。」「ああ、そうなんですね。」通り過ぎながら足を止めず、以上の会話をして別れた。・・・良かった、普通の人だ・・・。

昨日もペコリのお兄さんは「お仕事ですか?」と声をかけてくれました。そういうお兄さんは何をする人ぞ?と思いながらも、通勤途中につき立ち止まることままなりませぬ。半年かけてはじめて声をかけてくれたペコリのお兄さん。今度モコモコ犬を連れていたら、次は私から少し話しかけてみようかなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペコリのお兄さん~その1~

ある日の朝、いつもと同じように仕事に行くために駅に向かって歩いていると、正面から歩いてきた男性(フツーの20代後半くらいのお兄ちゃん)が、私の顔をみてハッと驚いた表情を見せると、おもむろにペコリと頭をさげてきたのです。私も一瞬「あれ?知り合い?」と思ってとっさにペコリを返してみたのですが、どう考えても見知った記憶がなく、「人違いかな~?」と思って通り過ぎました。

しかし、それからというもの、そのお兄さんはすれ違うたびに(割と同時刻・同場所で遭遇する)ハッとしてペコリを発信してくるのです。私はもうペコリを返していいものか否か困ってしまい、鼻歌を歌ったり、缶コーヒーを飲み干すのに夢中になったりして、なんとかペコリのお兄さんに気づかないようにすれ違う日々なのでした。

そんな日々が半年くらい続いたでしょうか。おとといの朝、いつもと同じく駅に向かって歩いていると、黒いモコモコした犬が道っぱたで飼い主にモコモコとなでられているのです。あんまりモコモコしていたもんで、つい心がゆるんでしまい、目は犬に釘付けです。だいぶ近寄ってしまったあとで不意に飼い主の顔を見ると、なんとペコリのお兄さんではありませんか!!つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨダミカの頭ん中

最近ブログの内容が妙にセンチメンタルで、我ながら気持ち悪いです(笑)。気をひきしめてかからねばね。ちなみに今日初めて脳内メーカーなるものをやってみたら、ヨダミカの頭の中は「寂」でいっぱいでした。我ながら気持ち悪いです(笑)。

さて、そんな「寂」でいっぱいの頭で昨日は『それでもボクはやってない』『善き人のためのソナタ』を鑑賞。2つとも劇場公開中に見に行けず、ずっと見たかった作品。見れて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

天使達のシーン

ちょっと前の話。 

その日は自分が良かれと思ってしていたことが裏目に出てしまい、人とカネのいやらしい部分をしこたま見せられて、悲しくて悲しくて、帰りの電車で下を向きながらボロボロ泣いてた。降りる駅に着いてもまだ泣き止めず、恥ずかしくてこそこそしながら人の流れに紛れていたら・・・、前を歩いていた20代前半くらいのフツーの女の子が、クリッと振り向いて未使用のポケットティッシュを差し出した(ティッシュには緑にリスモの絵が描いてある)、「え?」となる私に女の子はフツーに「どーぞ。」と言って、うふふと微笑んで去っていった。

天使かと思った。

うれしかった。うれしかって、その後ホームでさらに泣いた。泣きながら、人生は絶妙のバランスでできているなあと思った。

私の天使のプロトタイプは『素晴らしき哉、人生』のクラレンスと『ベルリン・天使の詩』の天使達。たまに現れては、がんばれがんばれと励ましてくれる、人間のかたちをした偶然の人。いつもありがとうありがとうと思いながら、いつか自分も偶然の天使になりたいなあと思ってはいるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

女の花道

『ドリーム・ガールズ』をみる。
映画館でも見たけど、もっかい見た。

散々騙されたり、傷つけられたりしたのに、そのどーしようもないしょーもない男に向かって、ビヨンセ演じるディーナが最後にステージから高らかに歌うんだ。(男には既に別の女ができてるのに!)

『いつまでも愛してるわ』『そして幸せを願ってる』

だってさ。

すごいね。カッコイイね。無敵だね。


私も真似してみたけど、あんまり上手くできなかったよ。


それも女の花道。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

大きくふりかぶって

とにかく球を投げた。

後の事はわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

ジム・キャリーとソムねずみ

いきなりブログが滞ってます。やる気はあります。いい訳もあります。


イヤなことといいことと切ないことと目からウロコのことがいっぺんにきました。まだふにゃふにゃしているので、落ち着いたらまたお知らせしますね。


と言うわけで、ふにゃふにゃした頭でDVD観賞。ジム・キャリー主演の『マン・オン・ザ・ムーン』。ジム・キャリーの演じる男はいつも私のツボであります。繊細で不安定で大胆で情熱的。今一番好きかもしんない。


題名もいいですね。本編と関係ないようにみえて、しっかりツボを押さえています。イカス!!
関係ないけどシナトラの『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』聞きたくなりました。こちらも日本語になおすと『私を月まで連れてって』だってさ。イカス!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

恐る恐る

実家から戻ったらパソコンなしの生活に戻る為、携帯からの更新を実行中。

ちなみに実家は神戸の山の方。クーラー要りません!快適!!
昨日は実家の母と、昨今の世の男性陣のふがいなさについて大討論。
ついに私も母と気兼ねなくガールズ・トークができるほどに大人になったかと思うと感慨深いっす(笑)。


たぶん親には心配ばかりかけているので、たまには良いニュースを持って実家に帰って来たいものです…。しょんぼり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして はじめました

ブログ、はじめました。実家のパソコンで恐る恐る作ってみたのですが、詳細さっぱりわかりません。

ブログ持ちの我が友人、助けてください(泣)。

さて、当方衣裳屋と名乗っておりますが、厳密には今年年明けより一年間の充電休業にはいっております。去年は社会的な仕事を2つこなしながら、年間200着近く衣裳製作しておりました。・・・・・今数えてみて本気でびっくりしたよ!!!

てなわけで今はアイデアとやる気の充電中。連日飲みに行っては人脈という金脈をまさぐる日々でございます。

そんな当方の孤軍奮闘日々を紹介するブログです。 よろしくどうぞ(ぺこり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »