« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

福山しゅんろうの愛と冒険

Img_0005

新しいデジカメを購入して、家で試し撮りをしたら、いきなりスカイフィッシュが写り込みました。さすが1000画素。

てなわけで新しいカメラを携えて、京都で行われた しゅんろうプレゼンツ『マジック・ラジオ』の本番に行ってきました。(あ、おかんの手術も無事成功しました。)

あああ色々レポートしたいことがあるのですが、なんせ眠い!なんせ疲れた!!
つうわけで『マジック・ラジオ』のレポートはまたにしまして、今日はパッタリ寝ますってば。

一言で言うと、今日はしゅんろうさんの努力と才能をまざまざと見せつけられました。
とだけ。

現場の楽しい雰囲気だけでも写真でお届けしときます。

ああ、パッタリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

みんなげんキノコ(やったね!)

みんなげんキノコ(やったね!)
最近テレビで竹下元首相の孫・DAIGOをみる度にドキドキしてしまうのはどーしたことだと思っていたら、どうやら私は彼にドSの素質を見ているもようです。
笑い方とかがドS特有のものですもの(笑)。
あぁ、ドキドキするなぁ。

さて、全力をあげてしゅんろうプレゼンツ『マジックラジオ』のコスチュームを作成しております。
今回はしゅんろうさんをもてはやすバックダンサーズのおねーちゃんも2体ご用意。
思う存分スカート短くしたら、予想通り、パンツが丸見えた。
というわけで、レギンスをはくことにしました。

レギンスと言えば、51会ミソジーズのスケッチブック山本愛子嬢は、流行に追いつけず、レギンスを知らなかった為、皆にバカにされましたが、素早く皆を権力で蹂躙し、“レギンス”を“エリンギ”と呼ばせることに成功しました。
以後スケッチブックで“エリンギ”と言えば“レギンス”のことですよ。
皆さん気をつけて!

てなわけで、エリンギを買って、今から京都です。
行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

目まぐるぐるぐる

目まぐるぐるぐる
目まぐるしい毎日です。
こないだスケッチブック『半神』を終えたと思ったら、明後日はしゅんろうプレゼンツ『マジック・ラジオ』の本番です。(衣裳まだできてまてん)

そうしている間にも両親はイン・ホスピタル。イン・明石。っって、遠いよっ!!
27日は朝、明石で母上の手術を見届けてから、神戸で父上を見舞い、そのまま京都でしゅんろうさんを見届けるという、民族大移動。ダイ・ハード。

うなされついでに、今日はみうらじゅんの愛人になる夢を見て、夢の中の私は彼のことを「じゅん。」と呼んでいました。
いやぁ、赤面赤面。(すみません、みうらさん。)

てなわけで大変大変言いながらも元気でやっております。

あ、髪も切りました。自分で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

ダン。

『金麦』のCMが気になります。
あのうにゅうにゅとした、性的志向及び欲求を覗き見ているかのような居心地の悪さはどうだ。
私だけですか?

あの人は誰だろう?と思っていたら、『武士の一分』のヒロイン、壇れいさんでした。
あの少しくずれかけた体のラインとかがミョーにリアルです。
とにかく気になります。是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A型はいつもつらいよ

長らく笑っていなかったのですが、本日の『松本仁志のすべらない話』で見事復活。笑いの力を思い知りました。
(小薮さん、良かったね。)

さて、B型がどうの、A型がどうのという本が色々でまわっていますが、ほぼ日イトイ新聞で一時期話題になった、『いつもさみしい問題』をご存知ですか?

「O型の人間はいつもさみしい」という人がいたので、試しにO型の人間にアンケートをとってみたら、86.3%のO型人間が「そうそう!O型はいつもさみしいんだよ!!」と諸手を挙げたという、おもしろデータ論争です。

「ほほぅ。O型はいつもさみしいのか〜。」などと、半信半疑だったワタクシですが、その次にでてきた

「A型はいつもつらい」…80%

というデータに心臓を鷲掴みにされました。
いつもつらい。いつもつらい!いつもつらいっ!!

あああ、なんてぴったりくる表現かしら(笑)。こんなにA型の心情を的確に表現した言葉を私は知らないですよ。
そうそう。
A型はいつもつらいんですってば!!

あー…この気持ちを共有できる人が、日本に80%もいるなんて、勇気が湧いてきますよ。めりめりと。

ちなみにAB型は「いつも考えている」…90% だそうで、それはそれで「え?考えていない瞬間がある人なんているの?」と、カルチャーショックを受けるらしいです(カルチャーかどうかは知らんが…)

うちのたまに連絡の途絶える彼氏はAB型だそうで、それはそれで何か考えてのことなのかしらと気に病む私はやっぱりA型でやっぱりいつもつらいのでした。
ちゃんちゃん。

関係ないですが、前回紹介した『女はなぜ突然怒り出すのか?』が私の周りで大反響でして、「ヨダさん、どこに売ってますか?なかなか見つかりませんっ!」という悲鳴から一転、こないだ私の行き付けの本屋では、いきなり平積みにされて軽くブレイクしていました。
ちょっと売り上げに貢献した気分です。(偶然ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

御守り

御守り
88歳の祖母が、父母の手術に向け、送ってくれた、巣鴨とげぬき地蔵の御守り。(巣鴨っ!)
ソープリティー。

御守りのデザインというのは各地なかなか秀逸であります。
私のお気に入りは伊勢神宮の鈴守り。

中に何が入っているのかは未だ謎です。(開けるとバチがあたるときつく戒められたため)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

テースト・オブ・苦虫

「『アラウンド40』の天海祐希をみる度にヨダさんを思い出します。」という後輩の言葉がビミョーです。

昨日、もう一人の疫病神が肩に乗ったので、「良い人でも聡明な人でも面白い人でもなくていいから、ただ愛される人になりたいです。」とお願いしてみましたが、反応なかったです。ジャンルが違ったのかもしれません。

雷が落ちて大パニックになる夢を見て、起きたらくたくたでした。
寝てる時くらいそっとしておいて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

女はなぜ突然怒り出すのか!?

冬ソナを見ていないくせに「ヨン様のどこがいいの?」などと言い放つ女子供に、「馬鹿野郎っ!!」と北方謙三ばりに怒号を飛ばす日々です。ま、ヨン様というよりはミニョンさんですが・・・。

というわけで、冬ソナ・再放送中です。昔、ブームよりちょっと遅れてビデオで見ましたが、つっこみ所満載!!身悶え所満載!!で、一話見終えるごとに声をカラカラに涸らしていたのを思い出します。(つっこみすぎて)   是非。

さて、そんな女子達のヨン様フィーバー全く理解不能と悩める男子諸君におすすめします。

角川新書『女はなぜ突然怒りだすのか?』 

女の私ですら理解できずに怯えていた女の摩訶不思議な行動原理が、生物学的にわかりやすーく説明されています。2時間くらいで読めます。私は色々なことに合点がいくたび膝をたたいて、しまいには膝の皿が割れました(うそです)。

私は女三姉妹で育ち、父親は無口・趣味没頭方だった為、男の人の日常生態というものをあまり知らなかったので、対比されて記述されている男の生物学的特長や行動原理というものは、驚きでしかございません。あーびっくり。ローアンドロー(野坂昭如)。

まあそんなこんなで、かなり面白いです。姉妹版で『男はなぜ急に女にフラれるのか?』という本もでてます。そちらも是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

フレンジャー

フレンジャー
じゃがいも将司から「病んでますかーっ!!」(猪木)というメールと共に、シアワセのおすそわけ。

病んでますよーっっ!!(笑)

ウソです。
四面楚歌な状況のわりに、まあまあ元気です。
先日もさる占い師から「しなっても折れない、竹のような女。」とお墨付きをいただきました。
確かに一ヶ月前だったら我慢ならなかったこの状況にも早々と慣れてきています。(もちろん不安はありますが)
ありがたいことです。褒めてあげます。

本日の『ボクらの時代』は真木よう子とタナダユキと江口のり子。
3人共超サッパリ。
ガールズトークというものは、意地悪な話を共有することに連帯感がでるわけですが、そういう意味では完璧でした。(沢尻エリカの悪口とか言ってた。笑。)
是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

ポジティブ観音

ポジティブ観音
『半神』のシャム双子の衣裳が、予想通りのめんどくささで挫けそうになり、シャバへ逃走。

三ノ宮のユザワヤで買い物後、ひさびさに神戸元町『観音屋』でひとりデンマークチーズケーキとお茶をしばきました。

んで、実家にあった『通販生活』の中の三谷幸喜と落合恵子の対談や、男の中の漢・椎名誠のエッセイなどを読んで、ため息を出しまくり、頭の空気を抜きました。
こういうひと時は絶対に必要だ!

帰ってからは親御(母上)と“ふりちん”と“ふるちん”はどちらが正しいか!?といった世界一くだらない話をしながら、世界一めんどくさい作業を手伝ってもらい、なんとか一番の懸念事項だったシャム双子の衣裳は光明を見たのでした。
あぁ、肩の荷が半分降りました。やれやれ。

んなわけで、明日もがんばります。

ちなみに辞書をひくと、“ふるちん”の所には「ふりちんと同じ意」、“ふりちん”の所には「ふるちんと同じ意」と書いてあり、まったくためになりません。フリーなのかフルなのかっ!?
謎は深まるばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

ネガティブ地蔵

今日は世界中から嫌われているような気がする日。
そんな日もあります。

一人暮らしの3連休は極端に人と会話をしなくなるので、正直つらいです。
どんより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

弟子っこデメタン

弟子っこデメタン
昨日ごはんを食べていたら、ゴキブリさんちのお子さんがこんにちはしてきて、一気にテンション下がりました。
食卓に上がってはいけません。

さて、今回のスケッチブック『半神』から、アシスタントに来てくれている真衣ちゃんです。
某服飾専門学校の学生さんなので、明らかに私よりも技術は上です(笑)。

昔、えん魔さんに「衣裳さんにも色々なタイプややり方があるが、ヨダはどうなんだ?」と聞かれ、「私は粘土です。」と即答しました。
つまり、型紙段階ではなく、ある程度3Dになってから足したり削ったり、形を変えてみたりして完成させていくスタイルです。と言いたかったのですが、上手く伝わったかどうかはわかりません。
ツブシが利かないし、量産できるスタイルではないので、改めねばと思っていますが、どうも難しいです。

そんな悩みもあったので、今回真衣ちゃんとやれることは、自分にとってもお勉強であります。
がっかりさせない先輩でありたいと思います。ドキドキしながら。

あ―今日はゴキブリに負けずに頑張ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

愛するということに関しては、女はプロであり、男はアマチュア以下である。(タモリ)

愛するということに関しては、女はプロであり、男はアマチュア以下である。(タモリ)
おとんの検査結果もでました。
結局やっぱり2人共入院なんだけど、状態は深刻ではなく、短期入院で済みそうです。感謝。
やっぱり詳細を知ると知らないとでは全然心構えが違います。恋愛も病気も。

さて、石原正一さんと平林之英さんの、ふたりのビックショー『イシハラバヤシ』を見に行って来ました。
傍若無人国士無双竹脇無我な熱い暑いステージ。(全部使い方間違ってますが。)
私はカッコいい。と思うと、“その人の彼女の気持ちになってみる”というシュミレーションをしながら見てしまう癖があるのですが、双方共にドキドキして誇らしい気持ちになったので、やっぱり相当カッコ良かったに違いないです。
特にヘドヴィク良かったです、カッチョ良かったです。
石原さんはロックが似合う。

打ち上げで、チャンコ・ガールズの美味しいごはんをいただき、酔っぱらって帰って、朝起きてテレビを見たら、出会い系マンガ喫茶で女子高生の黄色いパンツに群がる30代男子の映像。
環境ホルモンは深刻だ。
サムライは死に絶えた。(いや、まだだ。)

写真はラストサムライ石原正一氏。
石原さんの面白トークはMBSラジオ『サウンド・キングダム』でも聴けますよ。
是非是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »