« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

花の如く

花の如く
なんかもー、寒いんですけどーっ!
あったかいの、寒いのって、ちょっと体調崩し気味です。
特に腰痛。
皆さんも気を付けて!

さて、最近は口を開けば、陣内&紀香の嘆き節であります。
当事者でもないのに嘆きすぎであります。
だって、なんか双方かわいそうなんだもーん。

陣内くんもこれ以上ないほどの制裁を受け、すっかりしおれてしまって、ぷっぷくぷーですよ。
ちょっと調子にのっちゃったんだよね。
リスク大き過ぎたね。

しっかし、結婚業界に携わるものとしては、残念極まりないですよ。
あれだけたくさんの人が祝福してくれた結婚なのに、1年で浮気をする責任のなさとかも、正直まっっったくわからないのですがね〜。…と、またしても陣内くんを責めてしまうよ、ゴメン。

友人に、披露宴はやらず、親兄弟の参列のみで、挙式を挙げた子がいるのですが。
親族以外の立会人として、私も呼んでもらいました。

その子もまっすぐな性格の子なので、その後何度も危機があったのですが、その度に
「3年はもたせないと、立ち合ってくれたヨダっちに申し訳が立たないっ!」
と思いとどまってくれていたそうです。
後々そんな聞いて、
「あー、なんか嬉しいな〜。」
と、テレ出水テレキのごとくテレたのを思い出します。

結婚って、2人だけでなく、親兄弟や友人知人で依ってたかって支えていくもんなんだな、と、それ以来認識しています。
ま、独身の私が言うのもナンですが…。

3年を越えてなお、その子は相変わらずぶーぶー言いながら、ダンナと暮らしています。
やえちゃん、またいつでも愚痴くらい聞くからね。
次はあと6年がんばってみてね〜(笑)。

陣内くんも、最後の会見は立派だったと思います。
いつまでも痣のように残る汚点なんだけど、陣内くんの最後の男気は見えた気がする…。
うーん、苦い!
がんばって!

写真はもうすぐ役目を終える、木蓮。
女性は自分を“花”と思え、とのこと。
私がもし花ならば、こんな木蓮のような花でありたいと思います。
なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

カノッサの屈辱(紀香バージョン)

この2日間、気持ちが重いです。
なぜかというと、別に特に好きでもない藤原紀香の心中を察して余りあるからです。
もー、辛い。
本当に辛いもん。

だってさ、結婚した時に『紀香魂』みたいな本出しちゃって、はしゃいではしゃいでってさ…、本当に嬉しかったんだと思うの。
本当に本当に嬉しくて嬉しくて仕方がなかったと思うの。
30半ばの真面目にやってきた女が、嬉しくて嬉しくて仕方がない様子っていうのはさ、なんだか本当に純粋に見えてさ。
本当によかったね、よかったねって思って見てたのさ。

…ほんで、これ。
この屈辱。

浮気はいいよ、まだしもさ。
でも、昔の女と切れてないってナニ?なめてんの?

…あー辛い!!
想像するだに叫びだしそうになるほど辛い!!!
って、実際叫んでるしっ!!

てなわけで、紀香&陣内の真実はまだ藪の中ですが、浮気なんかよりも、前の女と切れていないほうが、よっぽど女のプライドは傷つくよ。っつうことを、男性陣は心に刻んでください。

私は過去2人の男にそれをやられて、文字通りチワワのように屈辱に震えました。

白洲次郎や『ありふれた奇跡』の加瀬くんを見て、最近男の人に対する希望を蓄えてきていたのに、今回のことでまたしても台無しですよ。

あーもー頼むっ!
って、もうホントお願いしちゃう勢いですよ。

しっかりしろーーーー
わぁーーー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

春だ!メリルちゃん祭り!!

春だ!メリルちゃん祭り!!
女性サービスデーだったので、ほてほてと映画館をはしご。
『マンマ・ミーア!』と『ダウト』っつう、気が付けばメリル・ストリープ祭り。
すごいのは、2作品でまっっったく違う役柄を見事にこなしておりましたこと。
奔放に歌い踊るかわいい母親役と、厳格でガチガチのカトリックの修道女。
体の線は崩れまくっていますが、さすがです!姐さん。

しかし、しかし、すみません姐さん!
私的に、本日のヒットは『ダウト』のフィリップ・シーモア・ホフマンなのです!!
巧い!巧すぎる!なんなんだ、あんた!!
しかも私、この人の芝居は生理的にうずうずするのです。
ティム・ロスとかと同じ感じです。
たぶん口説かれたら落ちます。
そんな感じ。

ともかくも『ダウト』。
小ぶりではありますが、すごく丁寧に作ってあります。
オススメ。

次は『スラムドック・ミリオネア』と『フロスト×ニクソン』が予告編を見るかぎりでは面白そう。
『レッドクリフⅡ』も、もうすぐ来るしね!
イェイイェイ。

さて、話はかわりますが、イイ女になりたいなら、理想とする女優やモデルの写真を鏡前に貼っておけと女性誌で見て以来、「私の理想って誰だろう〜?」と、うーんと考えていたのですが、この度答えが見つかりました。

ネスカフェです。
ネスカフェのペネロペ・クルスです。
あれ良くないですか!?
「あなたとは仲良くなれそうな気がする」みたいな。
彼女いるんですか?なんて聞く前から、攻める!みたいな。

というわけで、私の鏡前にはペネロペです。
ご利益を授けてくれると嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

オモロー考

オモロー考
『SATC』では、キャリーが婚約までしておいて、エイダンと別れてしまいました。
うーん、苦いっ! 
そして、キャリー、さてはあんたAB型ねっ!?
と思った展開でした。
つくづくAB型って、コワレモノ。
エイダン氏がかわいそうでならない。

なんか人の、特に男女の価値観って本当にまちまちで、30越えての恋愛って本当に大変だなぁと思います。

私自信、お酒の席とかで面白いことをやったり言えたりするのは、割と信頼できる自分の価値なのですが、こないだの飲み会の失敗や、友達時代はおもしろいと言ってくれていたのに、付き合った途端ジリジリと後退していった前の彼氏の存在などが、最近はゆるゆるぐらぐらと私に揺さぶりをかけてきております。

現に最近の飲み会においても、フェミニストのFくんは
「女にセンスなんか求めてないよ〜」
と言い、リベラルだと思っていたSくんは
「彼女は別におもしろくなくていい」  
と言っていました。

面白くてセンスある方が楽しいじゃんっ!
と、こっちは思うのですが、Sくんの意見としては
「いつも大喜利を仕掛けられているようで落ち着かない」 
だそうです。
…私、それに近いこと昔の彼氏に言われたことある…。(どんより)

女は成長を求め、男は安らぎを求める、といったところでしょうか。

少し色々鑑みてみなくてはなりません。

なんつって。
問題は他にある可能性も、大(笑)。

とにかくもうすぐ春だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

明王。

明王。
私よりも運の悪い友人が、またトラブルに巻き込まれたと聞き、代わりに厄払いに行ってきました。

お馴染みの門戸厄神。
2月の初めには、自らの後厄払いで訪れたばかりです。

その時は1万円も出して、特別祈祷をしてもらったのですが、祈祷申し込み書に願い事を2つ選べる欄があったので、「厄除開運」と、もう一つをうーんと悩んだ末、やっぱ今の関心事はこれでしょ!!と、「結婚良縁」をチョイスしましてん。

さて、いざご祈祷が始まると…、
あれって、真言の途中で祈祷者の名前と年と願い事が順番に読み上げられるのですね。

と、いうことは…。
嫌な予感にかぶさるようにお堂に響き渡る坊主(失礼)の声。

「ヨダミカうじ〜、さんじゅう〜よんさ〜い(数えです!実際は32歳ですよ!)、やくよけ〜かいう〜ん、けっこん〜りょうえ〜ん」(2回復唱)

ギャーッ!
嫌な汗ドバー、ですよ。

お堂には20名を越える老若男女。
私の座り位置は最前列どまん中。
つまり、誰がこんな願をかけている・ヨダミカ・34歳なる女人・なのかは、後ろからは一目瞭然なのです。

「こんな願かけるんじゃなかった…。」
ガマの油を流しながら、ある意味無欲になれた瞬間です。

厄を払って、厄を背負い。
厄をもって厄を制す。
そんな素敵な門戸厄神。

なんだかんだ言って、頼りにしてます。
是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

あたくしだもの

あたくしだもの
三井ゆりの忠告も聞かず、野口五郎と結婚をしたら、野口五郎がとんだDV野郎だった…という夢を見ました。
寝る前に読んだグリム童話『青ひげ』の影響かと思われます。
しかしなぜホワイ、野口五郎…?

さて、最近の現状を見兼ねた友人が、まともな人を紹介すると言ってくれたので、紹介飲み会に行ってきました。
わーい、まともな人だー。と思ったら、左手でごはんを食べている。
「あ、左ききですか?」と尋ねたら、
「いえ、右ききです。」と答える。
「??え??だって今…」というと、彼は

「左手も使わないと、もったいなくないですか?」

と言いました。
…ナニが?

世の中にフツーの人ってやっぱり少ないんだなぁ…とぼんやり思った32の春でした。

まあ、結果的には私は興が乗りすぎてエロ詩吟を吟じすぎ、「あまりそんなことは言わないほうがいい。」と、やんわり注意され、しっぽを巻いて大阪に逃げ帰る、という風情でした。

もったいない、ここに極まれり。であります。
敬具。

写真は最近飲み終わりで必ず食べている、コンビニスープ。
かなりハマっております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

夢だっていいじゃない

夢だっていいじゃない
こないだのふくの会では、久々に大暴れしました。
ストレス溜め込んでる時にお酒なんか飲んじゃいけません。
反省。

しかしあれですな、ふくの会のメンバーは人をなぐさめるのがすごくヘタッ!ということだけはよくわかりました(笑)。
イイ意味で。

さて、というわけで3月です。
さる霊能者の方から、運が切り替わると言われた4月まで、あともう一息です。
意外とあっという間。

たしかに最近わりと色々なお別れが続いていて、ああ、なんか変わっていくのかなぁ、なんてのも感じます。
今はもちろん寂しさのほうが勝っていますがね。
あんまり引っ張られないようにしないとね。

そんなわけで、今はまっているのは「白州次郎」。
NHKの思うつぼですよ。
でもね、日々自分も含めた人間に対して限界とかあきらめとか感じちゃってるひねくれ者の私はさ、やっぱり人間はここまで必死に、立派に信念をもって生きられるっっ!つうのはやっぱり夢が持てますね。
いや、持ちましょう。

てなわけで、白州次郎。
オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »