« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

虎とファイナルアンサー

虎とファイナルアンサー
『スラムドッグ・ミリオネア』を見ましたよ。
音楽がすごく良くて、視覚と聴覚フル活用で見ました。
これは絶対映画館でみるべき。
エンドロールの裏切り方も好きで好きで。監督:ダニーボイルの感性はタダ者ではないです。
必見。

次は『愛を読む人』あたりが面白そうかひら。
てか、なんで日本てこんな陳腐な題名つけるの?

えー、というわけで、見ていたらわかると思いますが、最近映画鑑賞が楽しくて仕方がありませんよ。
高いお金出してツアーで海外行くよりも、色んな映画をいっぱい見るほうが、見聞は広がるんじゃないだろか?

だから、男の人には一番好きな映画は何ですか〜?とよく聞きます。
聞いたうちの一番ダメな答えは『パールハーバー』です。
人生の一番の映画が『パールハーバー』て。
なんで?(失礼。)

そんなわけで、映画の余韻を残しつつも、昨日は恒例のふくの会でした。
『山月記』について語るなど、序盤は知的な会でしたが、終盤は相変わらずのエロネタ満載の堕落っぷりでしたので、山椒魚はたいそう悲しんだそうです。

写真は、もうすぐ虎になる男、桂正樹。
服を着ているのでわかりませんが、背中などはもうすでにシマシマです。
いつも幹事をしてくれています。
ありがと〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

ぐるりのひと

ぐるりのひと
作業をしながらDVD鑑賞。
『マルタの優しい刺繍』『ぐるりのこと』『宮廷画家ゴヤは見た』3本。

『マルタの優しい刺繍』と『ぐるりのこと』は大当たり。

『ぐるりのこと』は物語以外にも、リリー・フランキーさんのプロモーションビデオ“もしリリーさんと付き合ったら…”みたいな感じでも楽しめます。
リアルです。
こそばゆいです。
この映画のおかげで、男としては

リリー・フランキー≧みうらじゅん

という感じです。
てか同じ土俵で争うなっ!!

『マルタの優しい刺繍』も『ぐるりのこと』も女性が希望を持って新しいことにチャレンジしていく姿を描いております。
正直30歳以降の女性の人生は非常に複雑です。
こないだ爆笑問題の太田総理の番組を見てて“男性も育児休暇を1年とれることを義務化する”というマニフェストを掲げたら、男性陣の反発が凄かった。

子育ても仕事も両方体験できるなら、人間的な幅もでるし、家族の関係性も良くなるからいいじゃん。
休んでもまた同じレベルで復帰できるように社会的な仕組みも変えていこうという法案なんだから、もう諸手をあげて賛成しちゃうっ!
と思っていたら、男性陣は「子供は母親が好きだから」とか「男は仕事をしなくちゃいけないから」とか、もう大変。
番組内では可決されましたが、視聴者アンケートでは反対が多数で否決されていました。

ガチガチだ。
でも社会と思想とあきらめムードを変革していかないと、どうにもならないと思うよ。
少子化問題。

写真はしゅんろうさんの撮影でくっついて行った京都の植物園のチューリップ。
花や木々は良い。
心が和みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

めたもる。

めたもる。
4月は、“自分を磨いてみよう!”というテーマでやっておりましたので、少々お金を使い過ぎました。
反省。

ファッション紙を買い、映画を見、色々な人に会い、お風呂にガンガン入ってみたら…。
あーら、不思議
♪いけそうな気がする〜
…みたいな。

こころなしか変わっていっている気がします。

しっかし改めて周りを見てみると…、世の中の女子力の高い女子のド根性ったらないです。
毎日キレイでいるのって、ホント大変っっ!!
髪とかメイクとか服とかカバンとか靴とか爪とか肌とか、毎日お手入れして、最新情報集めて取り入れて、お風呂ガンガン入ってって。

どーやってお金と時間をひねり出しているのか、ホント不思議。
ていうか尊敬。
脱帽。
テレちゃう。

つうか、あんなにオシャレ女子にコンプレックスを持って嫌っていた私がこんなことを言うようになるとは…。
人生てワカラナイ。

写真はこんなエセスタイリストに依頼をくれた、しゅんろうさんの情宣写真撮影会。
谷原章介・藤木直人・福山しゅんろう
平成のメンノン御三家の一員としては、申し分のない一枚です。

しゅんろうさんのトークショー『マジック・ラジオ』は5月から月イチで開催です。
ファンクラブも発足。
定員になりしだい〆切とか。
急げ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

サティスファクション

ろーりんぐすとーんずぎゃざーずのーもす。

「転がる石に苔は生えない」つうやつですな。

生えた方がいいのか生えない方がいいのか、どちらを美徳とするかはひとそれぞれです。

私は生えない方です。
なんの話だ。

金城武のジャワティーの戦うCMが素敵です。
金城武といえば、こないだ『レッドクリフⅠ』をテレビで見た次の日に『レッドクリフⅡ』を見に行ったら、その日の夜に友達が『レッドクリフⅠ』を持って遊びにきました。
2日間で『レッドクリフ』を3回も見ました。

見過ぎ。

おかげで“信・義・忠”中毒みたいになってしまい、やたら信念信念とかいう、ウザイ奴になっています。

信念ブーム来てます。
こないだも信念にうなされて300対1くらいの戦いに挑みました。

いつか報われるといいのにねーん。
サティスファクショ〜ン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

汚泥。

汚泥。
はい。
晴れた日は汚泥にまみれよう!(グッ)
というわけで、予告通りの『フロスト×ニクソン』です。
滅法面白かったです。
滅法面白かったです。
2回書くくらい。

権力者の葛藤とか人間味の視点が、『クィーン』や『ラストキング・オブ・スコットランド』に似ているなぁ、と思ったら、すべて同じ脚本家の作品でした。
冴えてるね!ピーター・モーガン!

フロスト役の役者が超気になる!と思ったら、『クィーン』でブレア首相を演じていた人でした。
冴えてるね!マイケル・シーン

というか、『ダウト』に続き、出てる役者が全員びっくりするくらい魅力的で旨いんですけどっっ!!
私、点が甘くなってる?
と、自分を疑ってもみるのですが、『レッド・クリフ』の時はそれほど思わなかったので、やはりこの2作品の役者力がずば抜けて良いのでせう。
すごいなぁ。

罪の有る無しは置いておいて、本人がどうがんばっても人好きされない、善人に映らない、そんな敗北感や劣等感をかかえて、それをバネにしている種類の人っているもので。
たぶん私もそちら側の人間なので、ニクソンさんの吐露する心情には思わず寄り添ってしまいますよ。
善悪はともかく、ぎこちなくしか生きられない人もいるのです。

そんなことを考えながら、帰り道の本屋では、新刊『五月女ケイ子のレッツ・古事記』を買いました。
言い逃れできないほどの、フザけた内容です。

人間は多面的です。
人間は多面的です。
2回書くくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

爆音。

爆音。
最近のテレビは雛壇に芸人座らせてフリートークさせるやつばっかりだにゃー。
テレビ局の低予算ぶりが垣間見えて、なんだか淋しい。
でも、ピンチはチャンス!(aiko)
こういう時こそ企画力でしょ!
と言うわけで、私がこっそり愛している番組『ゴッドタン』の激ヤバ企画『M女オーディション』がDVD化されるらしいよ。
有吉さんの嫌悪感たらないです(笑)。
是非。

さて、昨日はもうひとつの激ヤバ、ELECTRIC EEL SHOCK のライヴに行ってきましたよ。
ロビーではじゃがぁ大宮が寿司握ってました。いわゆる『じゃがぁ寿司』っつうイベントです。
イールショックは2年前くらいにじゃがぁさんに紹介されて見に行って以来のトリコバンド。
海外もどんどん周ってて、次はスペインだってさ、すごいね。

写真は憧れのドラマー・ジャイアンさん(左)と私とじゃがぁ。
2ショットで撮ってって言ったのに…。

バンドマンはもてると言いますが、舞台上であんな全力投球見せられて、打ち上げであんなソフトに話しかけられたらそりゃ落ちますな、と思いました。
42歳のおっさん達ですが、まだまだイケます(笑)。
がんばれイールショック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

ハピハピ

ハピハピ
ついに4月です。
駅に人が多すぎて、ストレスのあまり、ひとしきり暴れたくなりますが、ガマンガマン。
我慢が人を育てます。

さて、昨日は恒例のふくの会でした。
メニューがすごかった。
カツレツ→スペアリブ→フランクフルト→ピラフ→佐賀牛ステーキの肉祭り!!

ちなみにわたしは前回の醜態を恥じて、酔い防止に吉牛を食べてから行ったので、思ったより食べられず、ほぞを噛みました。
一夜開けた今となっては、もうお腹がすいているので、なんだか釈然としない思いです。
うう。

ついでに言うと4月1日は我が父の誕生日でもありまして、昼は母とケーキを作りまちた。
こちらがそれ。
なんとも牧歌的。
省エネ大賞受賞。

そんな4月。
こころなしか例年とは違う、春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

永遠。

永遠。
立ったまま寝れる勢いでバリバリ仕事をしていますが、いつまで経ってもまったくもうかりまへん。

こないだ後輩の二次会がありまして、帰りにもう一杯やるかと、某ホテルのバーに立ち寄ったら、一杯1500円くらいしてて、めんたまが飛び出ました。
落としためんたまは、たまたま飲みに来ていた貴ノ花親方がふんずけて帰りました。
ヤメテヤメテ。
芸能界は闇だ。

いやー、それにしても、後輩の結婚を見送るのは何人目でしょうか。
色々な意味でまぶたが熱くなります。
今回の新郎さんは坊さんで、彼女もゆくゆくは仏門に入らなくてはなりません。
この先たぶん未知のものにたくさん出会うんだろうけど、がんばって。

祝福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »