« 解放。 | トップページ | 弁天と鬼嫁。 »

2010年7月29日 (木)

南極おにぎり

南極おにぎり
うちにはクーラーがありませぬ。
あんまり暑いので、涼しくなるかなと思い、スエミツから借りていた『南極料理人』を見る。
画面が豪雪だからといって、涼しくなるわけはなかったのですが、作品は面白かったです。
男の人の単純さって、こういう世界では美徳です。
たんたん、たんたん。

役者もみんな素晴らしかったですが、特筆すべきはフードスタイリスト・飯島奈美さんの仕事の素晴らしさ。
『かもめ食堂』などで売れっ子のフードスタイリストさんですが、とにかく、もう、なんでもない料理が美味しそうに見えること見えること…。
ただのおにぎりが、もう、もう、美味しそう!

この人の料理エッセイ本『LIFE』を高価ゆえ買おうか買うまいかずっと悩んでいましたが、購入決定です。

ホント映画って色々な専門分野のプロがいて、その都度驚かされます。
ちなみに今注目しているのは、ケータリング担当の佐藤大輔さん。
どんな人か、どんな仕事しているのかよくわかりませんが、私が好む日本映画のスタッフクレジットにだいたい載ってきてます。
人気者なんだろうか。
超気になる。

さて、バリウム後ののび太が、白いウンコの恐怖に怯えつつ、
「固まりやすいらしく、便器がつまると大変なので、外でしてくる。」
と言って、朝から近所のコンビニに用をたしに行きました。
相変わらず律儀なのび太なのですが、コンビニがつまっても平気なのはどうか?
と倫理観の宿題。

といいつつ私はフクの会。
結構ピースピット明けで疲れていたので、何話したかあまり記憶なし。
とりあえずしゅんろうさんはスーパーひとし君を家ごと没収されたそうで、途方にくれておりました。
オーディエンスは、それたぶん正解じゃないよと思うのに、本人は思わずスーパーひとし君を置いてしまうものです。
まぁ、私はいきなりスーパーひとし君置いてしまう人の方が、人間味があって好きですよ。
ぼやかし過ぎて何の話かもはやわかりませんが、ニュアンスだけ受け取ってください。

では。

写真はそれでもおしゃパ(おしゃれパーマの略ね)をあててご機嫌のしゅんろうさん。
本人はSMAPのゴローちゃんとのたまっていましたが、ただの石田衣良。

|

« 解放。 | トップページ | 弁天と鬼嫁。 »

コメント

はじめまして。
ブログ拝見させていただきびっくりしました。
南極料理人、気に入っていただきうれしいです。

投稿: caterer | 2010年9月22日 (水) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445759/35942003

この記事へのトラックバック一覧です: 南極おにぎり:

« 解放。 | トップページ | 弁天と鬼嫁。 »