« 2010年9月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年11月

2010年11月14日 (日)

ゆーどくしょーねんのこと。

ゆーどくしょーねんのこと。
7年ぶりの再演、ピースピットの『有毒少年』が千秋楽ですよ。

本番見て、スエミツに「どーやった?」と聞かれてもうまく答えられないワタシ…。

強いて言えば、7年前はよちよち歩きだった子供が、今や15歳くらいに成長して、巣立っていく背中を見送る気持ちです。

寂しくて誇らしい気持ち、とでも言うのでしょうか?

この7年、私もスエミツも有毒少年も成長した。
できなかったことができるようになったし、万物が流転することも理解したし、孤独で息がつまることもなくなった。

いいことだらけなんだけど、ひどくあの頃のすべてをいとおしく思ったりもします。

そんなメランコリーに絡めとられまくっているワタシ。
そしてこれからの私のターニングポイントとなるであろう今回の『有毒少年』。

そして、素直に言えなくてすみません。


とても、良かった。


写真は楽屋でくたばるスエミツ先生。
今回も半死半生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年3月 »