« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月24日 (火)

しょ〜んぼり

しょ〜んぼり
あーあ、
『半沢直樹』は傑作になり損ねたなぁ…。
制作側は続編の欲に負けて、完全に迷走しちゃった…。
てか、続編作りたいにしても、現時点で続編の予定が立ってないなら、絶対にあんなラストカットにしちゃダメでしょ。
この10話通して堺さんらが身を削って見せてきた、テーマとか精神とかまったくわけわかんなくなってるよ…。

この最終回、事前にたくさんの人がチェックしてるはずなのに、誰もこの演出に視聴者が受けるであろう嫌悪感を察知しなかったとしたら、本当テレビ局のセンスって恐ろしいなぁ…。

ドラマの内容より、現実の、人気に踊らされた人の脆さがただただ印象に残りました…。

毎週楽しみにして、うちでは小木曽のモノマネが流行っていただけに残念。
机バンバン。


そんな私の横で息子は木馬と戯れ中。
息子よ、人間は脆いぞ!
長いものにも太いものにも巻かれるな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

ごめんと呟き皿洗う也

最近、子育てのたいていの悩みは、

「大丈夫。大学生になってもそんなことやってる奴はいない。」

の一言で片付けられる事に気付きました。


具体的にいうと、ごはんを暴れまわりながら食べたり、超頻繁におっぱい吸いにきたり、広告の紙をむしゃむしゃ食べたり、などです。

ん?
なんか具体的に書いたら、そんな大学生もいそうな気になってきました。
不思議。


まぁ、息子が大学生になるかも怪しいですが、最近は息子の将来を思うにつけ、自分の思春期〜30代前半のイケてなさっぷりを思い出し、たまに叫んでいます。
特に皿洗っている時…。


これ読んでいる私の知り合いの人。
あの時は本当にごめんなさい!!!!

と、無差別に謝ってしまうくらい、色々気にしている自分に気付きます。


みんなこんな想いを抱えながら生きているもんなんだろうか???私だけ???と、疑問でしたが、今日テレビで宮藤官九郎と葉加瀬太郎が対談の中で似たような事を言っていて、少しホッとしてみる。

まぁ、中身のレベルがもっすご違うとは思いますが…、この二人が言っているなら、なんかそうであっても好いような気さえします。

あと、別の番組で、東南アジアのどこかの国のお父さんが、

「子供に何を一番に教えたいですか?」

という質問に、


「許すこと。人間は生きているだけでも必ず誰かに迷惑はかけてしまうものだから、まず一番に、許すことを教えたい。」


と、言っていて。
なんか、すごくしっくりきました。


いただきました。


たぶんこれ、これからの私の人生の指針になる言葉だと思います。

そんなわけで、人の事は許そう。と決意したわりに、自分の罪悪感にはまだまだ日々苦しめられている私です。

まだまだ越えなくてはいけない壁があるようです。
漠然と。

とりあえず、息子が大学生になるくらいには不惑の人になってたいです。

どうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

ゴキをギュッとね!

ゴキをギュッとね!
友人に、
「ブログ見てるよ。」
と言われると、
恥ずかしいから見ないで〜…、と思う不思議…。

ツツミお久しぶり。


さて、ゴキげんよう・お久しブリ、とかけて彼の虫の話ですが…

踏みました。

昨日、裸足で。


足の土踏まずのところに、誂えたかのごとくぴったりフィットしました。

悲鳴。ただ悲鳴です。

素早さがウリの虫のくせに、ぼーっと歩いてる主婦に踏まれるなよっっ!!

翌日からうちには魔方陣のようにホウ酸だんごが布かれております。
エロイムエッサイム!!

思えば、私はゴキ運は悪い方です。

①居間でごはん食べてたら台所から飛んできたブリちゃんがうなじにとまる→違和感感じて振り払う→膝に落ちる→悲鳴。

②一人暮らしの時、台所に出た一匹のブリちゃんを殺虫剤で仕留めようと、撒きまくったら、天井から別の連結したブリちゃんず(交尾中)が降ってくる(計3匹…)→悲鳴。

③同じく一人暮らしの時、風呂場に出たブリちゃんと裸で対峙、同じく殺虫剤で仕留めるも、死骸を始末する気力がなく、とりあえず放置、翌朝身支度をはじめる視界の端にチラチラ死骸が見えているものの、やはり気力がなく放置→出勤→帰宅→やれやれ、いい加減片付けるか…と風呂場に行くと、死骸が…ない!!!

ぞーーーわーーゎーーー

仲間が連れ去ったのか、強靭な生命力で生き返ったのか…。
震えて寝ました。

④旅行で民宿に泊まったら、部屋にブリちゃん出現。座椅子の下に逃げ込んだところを尻で踏み潰すも、怖くてその後座椅子下を確認できず、座椅子でくつろげない休日を過ごす…。
今思えば、民宿の人に処理してもらえばよかったんだけど、部屋にブリちゃん出たって言ったら、なんかお互い気まずいよな…と思い言いだせず…。

⑤別の旅館で、お風呂から上がってスリッパ履こうとしたら、スリッパからブリちゃん出てきた…。

などです。


そして、先ほど、台所で米をといでる合間に、一時居間のマナ息子のご機嫌をうかがい、また米をとぎに台所に戻ったら…昨日土踏まずフィット後行方不明になっていたブリちゃんが、昨日ふんずけたのと同じ場所でひっくり返ってました。

犯人が現場に戻ってきた!

そして自首!???

なんだこいつっっ。


と、様々思いつつ、遠慮なく叩き潰しましたが…。

なんだろう、うまく言えませんが、なんか縁とか人情とか感じました。
じゃあ殺すなよって話ですが、それはそれこれはこれです。


読み返してみてなんですが…長々とブリちゃんについて書きすぎました…。

すみません、忘れてください。


では。


写真は、パナップにたまに入っている、ニコちゃんバージョン。
当たりました。

たまには好いこともあるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »